茨城県古河市の整備工場 ナガツカ・オートサービスのご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

ナガツカオートサービス
[ ホーム » おしらせ » Blog article: アメブロ続き セルシオ エンジン不調修理 Nr.2 ]

アメブロ続き セルシオ エンジン不調修理 Nr.2

平成28年4月7日

セルシオ エンジン不調修理 Nr.1



の続きです。



燃料圧力の調整が上手く出来ておらずに



基準より高い燃料が高い圧力になってしまって



おりましたので燃料圧力調整バルブの交換。



※画像はクリックで拡大します
IMG_2271 (交換する新品の燃料圧力調整バルブ)



※実はこの部品はトヨタでは、絶版となってしまい、

 国内での新品部品の手配の道は絶たれました。


 一度は諦めかけましたが、お客様のお気持ちを大切にしたく、

 私共としても諦めたく無かったので

 何とか出来ないかと思い、
探しましたところ、アメリカの業者様で

 在庫してあることが判明しました。

 そこで、弊社にてアメリカの業者様より私共の元へ送って頂く手配

 を取り、
無事に手に入れることが出来ました。



IMG_2273 (左:新品部品 右:取り外した部品)



IMG_2272 (接続の燃料ホースも新品へ交換)



IMG_2333 (ホースバンドも新品へ交換)



失火していた箇所の燃料噴射装置(インジェクター)



と他7気筒分パッキン類の交換。



(当該箇所の噴射装置)

IMG_2286 IMG_2285 IMG_2287



パッキン等のゴム部品は経年劣化により硬化し



割れが発生していました。




IMG_2329



IMG_2278 IMG_2279 

IMG_2280 IMG_2281 IMG_2283



反対側も同様に作業します。



IMG_2324 IMG_2330 IMG_2317

 IMG_2318 IMG_2319 IMG_2320

IMG_2345 (元の場所へ取り付け) 



この作業と同時にスロットルボディ(アクセルペダルに



連動しており吸い込む空気の量の調整等を担う)のカーボン



(燃焼したスス等の汚れ)除去も行いました。



※当該部品を取り外したエンジン側部
(清掃前)        (清掃後)
IMG_2313 IMG_2334



※取り外したスロットルボディー

IMG_2314 IMG_2335 IMG_2339



※溶解剤で落としたカーボン

IMG_2316 



そして、今回の作業の最重要ポイント



エンジンの制御をしているコンピューター



IMG_2312



そしてその内部にある電子基板



IMG_2309



修理した内容については書くことは出来ませんが



こちらの内部の不具合を修理することで



燃料噴射信号の適正化を行い完治することが



出来ました。



皆さんそれぞれ御自分の愛車に思い入れがあると思います。



その ”大切に乗りたい” というお気持ちに寄り添った



整備、修理、カスタマイズさせて頂きます。

 


諦めてしまう前に、まずはお話下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お問合せ 

 

 

 

 

Copyright© 2019 NAGATSUKA AUTO SERVICE, All Right reserved.